【求人条件の見分け方】「就職、転職してサラリーマンになる」=「お金を得るために時間を売ること」

【求人条件の見分け方】「就職、転職してサラリーマンになる」=「お金を得るために時間を売ること」

就職、転職活動を考えているみなさん。

あなたの時間、本当にその金額で売っていいんですか?

 

就職・転職は、あなたの貴重な時間をお金に換える契約です。

 

少しでも有利な条件で仕事ができるよう、情報を身に着けていきましょう。

 条件(年収、月収、時給)のからくり

年収300万、月収25万、時給1,500円。

 

どの条件が一番良いと感じたでしょうか。

 

週5回×8時間の勤務でボーナス・残業無しの場合、年収300万≒月収25万≒時給1,500円 となります。

 

※実際に会社を選ぶ際は、ボーナス、寮や社宅、残業代の割増率など、給与以外の項目も含めて考える必要があります。

 

就職、転職の際は、特に下記の3点についてはよく確認しておきましょう。

・残業代を含んだ年収、月収が表示されていないか

・家賃補助、寮もしくは社宅があるか

・ボーナスの支給額

 

仮に、家賃補助が月に8万円出る会社であれば、年収に換算して約100万円の価値があります。

年齢別、採用形態別の平均年収について

 

男女計平均月収は32万1000円、男性平均月収は34万8400円となります。

(出典:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況)

 

正社員の月収は年齢とともに伸びていますが、正社員以外の月収金は25万円付近からほぼ変わっていません。

 

スタートは同じ年収300万円であったとしても、正社員とその他(契約社員やアルバイト)では、その後の収入に大きな差が生まれます。

正社員での雇用を狙いましょう。

年収診断

結局、自分には年収何万円の市場価値があるのか。

 

就職するにしても、転職するにしても、客観的な価値を知っておくことは必要です。

 

市場価値を知るには、「MIIDAS(ミイダス)」が便利です。(無料)

 

今の自分を採用してくれる企業を選定し、年収を教えてくれます。

 

転職しなくても、今の会社に留まるべきかどうかの判断基準となるため、一度受けておくことをお勧めします。

 

私の場合、現在の会社(残業年800時間、年収600万)よりも高い年収を提示してくれる企業があったため、転職を考える貴重な体験になりました。

 

損な就職・転職をしないために

複数の転職サイトや「MIIDAS(ミイダス)」などで自分の市場価値を知り、寮や社宅、残業代などをほかの企業と比較した上で動くことが必要です。

 

知識が無いために、損な就職・転職をして、給与が実質下がった方や、残業が多くなり体を壊した方を私は多く見てきました。

 

何か悩みがあれば、遠慮なくコメントください。

お待ちしております。

 

 

就職、転職カテゴリの最新記事