そうだ、仮想通貨で人生をクリアすればいいんだ

数億稼いで不労所得で生きていきたい人のブログ

考察

【日本昔話】あらすじと本当は怖い話 「かちかち山」=「友人が殺されたから計画的に犯人を殺した話」

投稿日:2017年9月2日 更新日:


今回は、日本昔話の「かちかち山」について考察していこうと思う。

皆さんは、このお話をご存じだろうか?

 

私は改めて読んで、

「あれ、こんなに残酷だったっけか。こどもの時に読んだらトラウマになりそうな内容なんだけどな笑」

と思っちゃいました。

 

それではどうぞ!

かちかち山のあらすじ 参照:wikipedia

まず、目線合わせの為に話の流れを共有します。

※読むのが面倒な方は飛ばして要約からどうぞ。

 

以下、参照

————————————————————————————————————–

昔ある所に畑を耕して生活している老夫婦がいた。

老夫婦の畑には毎日、性悪なタヌキがやってきて不作を望むような囃子歌を歌う上に、せっかくまいたをほじくり返して食べてしまっていた。業を煮やした(おきな)はやっとのことででタヌキを捕まえる。

翁は、(おうな)に狸汁にするように言って畑仕事に向かった。タヌキは「もう悪さはしない、家事を手伝う」と言って媼を騙し、を解かせて自由になるとそのまま媼をで撲殺し、その上で媼の肉を鍋に入れて煮込み、「婆汁」(ばばぁ汁)を作る。そしてタヌキは媼に化けると、帰ってきた翁にタヌキ汁と称して婆汁を食べさせ、それを見届けると嘲り笑って山に帰った。翁は追いかけたがタヌキに逃げられてしまった。

タヌキの背負う柴に火を付けたウサギ

翁は近くの山に住む仲良しのウサギに相談する。「仇をとりたいが、自分には、かないそうもない」と。事の顛末を聞いたウサギはタヌキ成敗に出かけた[1]

まず、ウサギは金儲けを口実にタヌキを柴刈りに誘う。その帰り道、ウサギはタヌキの後ろを歩き、タヌキの背負った柴に火打ち石で火を付ける。火打ち道具の打ち合わさる「かちかち」という音を不思議に思ったタヌキがウサギに尋ねると、ウサギは「ここはかちかち山だから、かちかち鳥が鳴いている」と答え、結果、タヌキは背中にやけどを負うこととなった。

沈む泥船から助けを求めるタヌキ

後日、ウサギはタヌキに良く効く薬だと称してトウガラシ入りの味噌を渡す。これを塗ったタヌキはさらなる痛みに散々苦しむこととなった。

タヌキのやけどが治ると、最後にウサギはタヌキの食い意地を利用してに誘い出した。ウサギは木の船と一回り大きなの船を用意し、思っていた通り欲張りなタヌキが「たくさん魚が乗せられる」と泥の船を選ぶと、自身は木の船に乗った。沖へ出てしばらく立つと、泥の船は溶けて沈んでゆく。タヌキはウサギに助けを求めるが、逆にウサギにで沈められてしまう。タヌキは溺れて死に、こうしてウサギは見事媼の仇を討った。

———————————————————————————————————-

参照終わり

 

いやー、残酷ですね。

凶悪犯罪×2となんら変わりありませんよ。

 

かちかち山の要約

◆登場人物(動物) :翁、婆、きつね、たぬきの4名(匹)。

◆物語の概要

1、たぬきが婆を殺し、翁を騙して食べさせる。

2、翁が仲良しのきつねに相談する。

3、きつねがたぬきの背中に抱えているものに放火する。

4、きつねがたぬきのやけどが酷くなるよう、騙して悪化させる

5、きつねがたぬきを溺れさせて殺す。

 

考えるべきこと。気になる点。

ここで私が気になるのが、上記要約の2.と3.の間。

 

「2、翁が仲良しのきつねに相談する。

3、きつねがたぬきの背中に抱えているものに火をつける。」

 

のところです。

 

ここでの前提条件として、翁ときつねの関係は「仲良し」。

人間でいうと「友人」のレベルだと推測されます。

 

きつねは、「友人の妻が殺された。相談を受けた私は、犯人を拷問した後に殺した。」

そのぐらいの仕返しをしてるわけなんですよね。

 

いやいやと。殺しちゃだめだろと。

まあ、きつねと婆の仲も良かったとしましょう。

友人が殺されたから、カッとなって殺した。

これってどうなのよ。

 

「かちかち山」=「友人が殺されたから犯人を殺した→めでたしめでたし」ですよ。

しかも泥船を作成して殺すあたり、計画的犯罪に違いありません。

ぞわっとしませんか?

 

見方によっては、きつねは友人思いなやつだとみることもできるでしょう。

でも、きつねはこの時点で同族を殺した殺人犯(殺匹犯)なわけですよね。

 

こういった話を子供に美談として聞かせるのはどうなのかと。

かたき討ちなら何でもありになってしまいます。

 

世界中がきつねのような人間だらけなら、ある人にとって不愉快な事象が起きた時点で、人類の滅亡が決定しますね。(不愉快な事象について複数人が仕返しを行い、その行動について複数人が行動する、の繰り返し)

 

「昔話は子供に読ませても問題ない」の先入観のもとで、むやみやたらに昔話を流布することには違和感を覚えますね。

 

以上。

 

 

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-考察
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【合理的な理由があれば人を殺してもよい】命を奪う/食べることの是非 ~人殺しがなぜダメなのか~

今回は少しヘビーな話題。   今回取り上げるテーマは、 「人を食べて/殺してはいけないことには合理的な理由があるはず」と述べたなすねむさんと 「合理的な理由があれば人を殺してもよいか」と問う …

サバイバル生活に必要な考え方について。 ~よゐこ・水溜りボンドを見て~

サバイバルってのは、名前の通り、「生き残る」ことだとする。 「さばいばる」survival で生き残るためにはどうするか。 なんかひらがなの「さばいばる」ってかわいい感じがして好きだなあ。 さっそく脱 …

【違法/国循】残業300時間問題 過労死ラインは月100時間なんですけど? 給料/手当についても考えてみた

本日は話題となっている国循の問題について。   時間外労働で体を壊した経験あり。 本職は残業を管理する側(人事労務)のsafiが、 労働知識がない方にもわかるようにお伝えしていきます。 &n …

【牛丼屋の牛丼の値段は安くない】物の価値を考察してみた。 ~牛は高いイメージをぶち壊せ~

  【牛丼屋の牛丼は安くない】物の価値って? こんにちは、safiです! 今日は牛丼について語っていきたいと思います。※飯テロすいません。   牛丼。それはY、S、Nに加え、Hなど …

【将棋の天才】藤井聡太4段の成績の凄さを確率で例えてみた

  【隕石墜落レベル!?】【将棋】藤井聡太4段の凄さを確率で例えてみた こんにちは、safiです。 今日は将棋界の連勝記録で一躍時の人となった、藤井聡太4段について凄さを語ってみたいと思いま …

スポンサーリンク

       スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆人気記事一覧

◆人気記事5選

プロフィール

ニックネーム:safi

1993年、3人兄弟の長男として、愛媛県(みかんの国)で生まれ、高校、大学では、それぞれハンドボール部、バドミントン部に所属していました。

詳しいところはブログ上部のプロフィールタブをクリック!